玉堂 Web トップページへ

トップページ玉堂美術館の日々

 
玉堂美術館の今をお届けします。

 

 

----------------------------------------------------------------------

2020年(令和2年)11月12日(木曜日)

大イチョウがだいぶ色付いてきました。

まだ緑の部分もあるのでこれからがさらに楽しみです。

 

 

----------------------------------------------------------------------

2020年(令和2年)10月22日(木曜日)

 

10/22現在の庭園の様子です
少しずつ色づき始めました

 

館前からの御岳渓谷です
対岸の方が日が当たるからか
紅葉が早く始まる気がします

 

玉堂美術館カレンダー発売開始しました

2021年カレンダー
2,200円(税込)

ご購入につきましてはお電話でお問合せ願います。
http://www.gyokudo.jp/guide.html

 

----------------------------------------------------------------------


2020年(令和2年)10月6日(火曜日)

現在開催中の「心眼の画家 菊地良爾展」にて展示中のスケッチです

師である玉堂も大量のスケッチを残していますが
弟子の良爾も多くのスケッチを残しました
その一部を公開しています

 

10月に入り空気がひんやりとしてきました
葉もだんだん濃い緑から淡い色に変わってきたでしょうか
これからが楽しみです

 

----------------------------------------------------------------------

2020年(令和2年)9月18日(金曜日)

当館前の庭に曼珠沙華が咲き始めました。
これから白い曼珠沙華も咲きそうです。

 

庭園の様子も夏の青々とした木々の様子が少し変わってきました。
例年ですと紅葉は11月中旬〜見頃を迎えますが、
今年は少し早くなるかもしれません。

またお知らせしていきます。

 

 

----------------------------------------------------------------------

 

2020年(令和2年)8月11日(火曜日)

夏らしい気候になりお庭に緑の葉が映えています。
館前の河原から人々の声が聞こえ夏がやってきたなぁと感じます。

 

「盆踊り」

玉堂が御岳で大病した際、世間では「もう玉堂は駄目だ」の声が起こりました。
幸い一命をとりとめ、また画業に明け暮れる日が続きましたが、
病中のつれづれに筆をとった「御岳杣歌」を人に見せたりしているうちに
どこから話が出たのか、作曲古関裕而・唄赤坂小梅と話はどんどんエスカレートしていきます。
そして完成した曲は、青梅の盆踊りでは必ずかかる曲となりました。
「玉堂先生、おめでとう」そんな意あふれる夏の宴であったことでしょう。

作曲の古関裕而氏は、2020年NHK連続テレビ小説のモデルとなった方です。

 

----------------------------------------------------------------------

 

2020年(令和2年)3月24日(火曜日)撮影

吉野街道から駐車場へと降りてくる坂の桜が咲き始めました
満開まではもう少しかかりそうです

駐車場の翁草が咲き始めました
たくさんの花をつけています
ふわふわと柔らかい産毛が可愛らしいです

紅白梅屏風の展示が4/5までとなりました
次回の展示は初夏の展示となります
それらに合わせ人物画も展示します
玉堂といえば風景画と言われますが
人物画も味わい深いものがあります

 

----------------------------------------------------------------------

2020年(令和2年)3月11日(水曜日)撮影

梅はまだ見頃です
少しずつ散り始め
地面に落ちた花びらがきれいです

 

時間により陽の当たり方が変わるので
その時その時を楽しんでいただきたいです
木の葉の影がゆらゆらと動きます

 

先日あげた八角連の新芽
ここまで広がってきました

 

 

----------------------------------------------------------------------

2020年(令和2年)3月5日(木曜日)撮影

美術館前の梅が見頃を迎えました
梅が好きだった玉堂
梅の花を描くなら少し寂しいくらいがちょうどいい
と言っていたそうです

 

八角連が芽が出てきました
こんなふうに芽吹くのですね
また大きな八角の葉を見られるのが楽しみです
周りも段々と春の装いになってきました
春を見つけながら散策していただきたいです

 

 

----------------------------------------------------------------------

2020年(令和2年)2月18日(火曜日)撮影

梅が咲きはじめました
当館といもうとやの駐車場入口の紅梅です
館前にも梅の木がありますがそちらはまだ蕾のままです
前を通るといい香りがします

 

玄関周りの竹を新しくしました
青々とした竹が気持ちよく
朝の掃除の際にはうっとりと眺めてしまいます
段々と味のある色味に変わっていきます
次にかえるのはいつになるか…
今だけの景色を是非見ていただきたいです

 

 

----------------------------------------------------------------------

2020年(令和2年)2月4日(火曜日)撮影

今年も紅白梅屏風がお目見えです
白梅の老木は堂々と
紅梅の若木は一歩さがってつつましい
シジュウカラも遊んでいます

 

写生帳も展示替え
膨大な量があるのでできる限り
同じものを見ることがないように努めています
*十代の頃のものを除く

 

「春渓」
可愛らしい小鳥、セキレイか…
今にも尾を上下に揺らし動き出しそうです

 

 

 

----------------------------------------------------------------------

2020年(令和2年)1月22日(水曜日)撮影

庭に小鳥が遊びに来ました
これ以上近づけなかったため定かではありませんが
おそらくシジュウカラだと思います
仲間とさえずり合いながらエサを探していたようです

 

展示室内は天井が高いためなかなか暖まりません
冬場はストーブを出し補っています
お客様は火に当たりながら観覧されています

 

 

----------------------------------------------------------------------

2020年(令和2年)1月15日(水曜日)撮影

館前のマンリョウが実をつけています
寒々しい景色の中に
赤い可愛らしい実が愛おしいです

 

イチョウも新芽の準備をはじめています
まだまだ寒いですが芽吹くときが楽しみです

 

 

----------------------------------------------------------------------

2020年(令和2年)1月8日(水曜日)撮影

新しい年が始まりました
本年もどうぞよろしくお願いいたします
玄関にはいつもより華やかな生花を飾りました

今年一年、皆様にとって素晴らしい年になりますようお祈り申し上げます

 

 

 

----------------------------------------------------------------------
 
 

 

 

 

 

 

Copyright 2007 Gyokudo Art Museum. All Rights Reserved.